中野 小次郎(新4年/徳島ヴォルティスユース出身)「2020年JFA・Jリーグ特別指定選手」認定のお知らせ

トピックス
この度、弊部所属の中野 小次郎(新4年/徳島ヴォルティスユース出身)が、公益財団法人 日本サッカー協会よりJ1 北海道コンサドーレ札幌を受け入れ先とする「2020年JFA・Jリーグ特別指定選手」として認定されましたので、お知らせいたします。
   
   
《プロフィール》
中野 小次郎(ナカノ コジロウ)
1999年3月5日生(20歳)
ポジション:GK
身長/体重:200cm/90kg
    
《2019シーズン記録》
関東リーグ:9試合出場
総理大臣杯:4試合出場
インカレ:2試合出場
天皇杯:4試合出場
    
《コメント》
この度、特別指定選手になりました法政大学4年の中野 小次郎です。北海道コンサドーレ札幌の一員となる自覚と責任を持ってチームに貢献できるように頑張ります。応援よろしくお願いします。
    
詳細は北海道コンサドーレ札幌HPをご覧ください。
北海道コンサドーレ札幌HP
https://www.consadole-sapporo.jp/news/20200258140/
   
2021シーズンにJ1の北海道コンサドーレ札幌に加入が内定している中野選手。恵まれた体格を駆使したセービング、ポゼッションに参加する足元の技術、確かな努力でここまで積み重ねてきました。特別指定選手として内定先クラブでの出場が可能となった今シーズンは、中野選手の強みを活かし、内定先クラブの勝利に貢献するとともに、最高学年として迎える法政大学サッカー部のゴールを守り抜くことに期待です。

今後とも熱い応援をよろしくお願いします!