アミノバイタルカップ2019 第8回関東大学サッカートーナメント大会 2回戦

2019.06.11 11:30時之栖スポーツセンター裾野グラウンドE1
法政大学
2
-
1
早稲田大学
法政大学Hosei Univercity
2
1
前半
1
1
後半
0
1
早稲田大学 Waseda University
Goals
  • 45’大西 遼太郎
  • 76’上田 綺世
スターティングメンバー
GK 12 中野 小次郎
DF 3 高木 友也
DF 5 加藤 威吹樹
DF 23 関口 正大
DF 24 宮部 大己
MF 6 大西 遼太郎
MF 10 下澤 悠太
90’+3’
MF 11 橋本 陸
61’
MF 17 竹本 大輝
86’
FW 20 佐藤 大樹
58’
FW 9 松澤 彰
58’
ベンチスタート
GK 21 長島 卓哉
DF 4 蓑田 広大
DF 22 鳥居 俊
MF 7 末木 裕也
90’+3’
MF 8 紺野 和也
61’
MF 14 森 俊貴
86’
FW 18 上田 綺世
58’
FW 19 平山 駿
58’
MF 28 田中 和樹
チーム監督
長山 一也
警告
21’ 大西 遼太郎
62’ 下澤 悠太

【「アミノバイタル®」カップ 2019 第8回関東大学サッカートーナメント大会・2回戦】
vs早稲田大学
2-1
得点者
大西、上田

肌寒い気候のなか行われた本日の一戦。対するは同じ関東1部で戦う早稲田大学。負ければ全国への道が閉ざされてしまう、絶対に負けられない試合となりました。
前半序盤、法大が何度かチャンスを作りますが、決めきることはできません。試合は徐々に早大ペースになっていき、前半12分、オウンゴールを喫します。しっかり引いて守る相手に、なかなか攻め込むことができない法大。しかし、サイドを起点に再び攻撃のリズムを掴み出します。前半35分、23.関口のクロスを20.佐藤(大)が合わせますがゴールとはなりません。すると前半終了間際、高い位置で得たFKから得点が生まれます。10.下澤が放った正確なキックを6.大西が頭で合わせ、1-1。良い時間帯に追いつき、前半を折り返します。
後半立ち上がりも良い流れで試合を進める法大。後半3分、9.松澤が競り勝ったボールを20.佐藤(大)が拾い、シュートを放ちますが、惜しくも枠を外れます。その後、後半13分に9.松澤に代えて18.上田を、20.佐藤(大)に代えて19.平山を投入。後半16分には11.橋本に代えて8.紺野をピッチに送り出し、攻撃の活性化を図ります。すると後半31分、23.関口のロングパスにうまく抜け出した18.上田がGKと1対1を制し、2-1と逆転に成功。その後も法大が優位にボールを回し続けます。時折ピンチを招きますが、守備陣が体を張って守り、ゴールを許しません。そのままスコアは動くことなく、2-1で試合は終了しました。
相手に先制を許す厳しい展開ではありましたが、しっかりと勝利を収めることができました。中1日で迎える3回戦。全国への切符を掴むために、もう一度チーム全員でいい準備をしていきたいと思います。

本日もあたたかい応援をありがとうございました!

【選手のコメント】
6.大西(4年)
相手に先制されて難しい展開だったが、自分の得点で前半終了前に追いつくことができ、後半、綺世(上田綺世/3年)が入り、得点が入るだろうという雰囲気が出ていて、結果勝つことができたので良かったです。
(次戦に向けて)トーナメントなので、まず結果にこだわり、中1日という日程だか、もう一度全員でいい準備をして、絶対に勝ちたいと思います。

18.上田(3年)
日本にいる最後の試合(『CONMEBOLコパアメリカブラジル2019 』に参加するため)で、僕ができることはこの試合を勝たせることだけだったので、それができて良かったと思います。

23.関口(3年)
今日はオウンゴールで先制点を許すという形だったが、最後まで全員が走って戦い、結果として逆転勝ちをすることができたので良かったと思います。次戦勝ったら大臣杯の出場権を獲得できるので、またチーム全員で戦って勝ちたいと思います。

次戦:6月12日(水)11:30kickoff
vs筑波大学
@味の素スタジアム西競技場(AGF)